TOMILOG

お名前メールを外部ネームサーバーから利用する裏技

お名前メールを外部ネームサーバーから利用する裏技
| 2020/05/22

お名前メールをCloudflareなどの外部ネームサーバーで利用する方法です。
お名前.comの公式の方法ではありませんので、ご了承の上お試しください。

各サーバーサービス指定のネームサーバー(DNS)をご設定いただかなければご利用ドメイン名で弊社サーバーをご利用いただけません。
https://help.onamae.com/answer/8793

とあるように、お名前メールも同様、指定のネームサーバーを設定しないと利用できません。

通常は。

試行錯誤した結果、やっと!Cloudflareをネームサーバーに指定して、お名前メールを利用できる方法を見つけ出したのでご紹介!

これは、全個人開発者におすすめしたい!月77円で20ドメインのメールアドレスが管理できるんです!

準備するもの

  • 運用していないドメイン
    • お名前.comで管理していること
    • ネームサーバーを変更するので、サブドメも使っていないこと
  • 使いたいドメイン
    • 運用していないドメインと同じでも良い
  • Cloudflare
    • 外部ネームサーバー
  • DNSレコード取得ツール
  • お名前メール
    • 2ドメイン以上使う場合は、スタンダードプラン

おおまかな流れ

  • 運用していないドメインにお名前メールのネームサーバーを設定
  • DNSレコード取得ツールでMX,SPFレコードを取得
  • 使いたいドメインにMX,SPFレコードを設定

お名前メールを契約してドメインにネームサーバーを設定する

お名前メール契約

お名前メールを契約するためには、すでにお名前.comでドメインを所持しているか、契約するときにドメインを新規取得する必要があります。

新規取得の場合は、こちらのお名前メールサービスページから申し込みを進めてください。

既存のドメインでお名前メールを契約する場合はサービスページからは契約できないので、管理画面のドメインのページから契約します。
https://navi.onamae.com/domain
レンタルサーバー「申し込み」をクリック。

onamae_1

おすすめサービスにお名前メールがあるので、こちらから契約を進めてください。

onamae_2

ネームサーバー設定

お名前メールのネームサーバーからDNSレコードを取得するために、ドメインのネームサーバーを一度お名前メールに向けます。
(お名前メールの契約時に、「ネームサーバの変更をするか否か」を聞かれます。そのときに変更した方は、この手順は飛ばしてください。)

ドメインページの「ネームサーバー」の項目がクリックできるので、対象のドメインのところをクリック。

onamae_3

2.ネームサーバーの選択から「レンタルサーバー SDプラン、お名前メールのネームサーバーを使う」を選択し確認に進んでOK。

onamae_4

これでネームサーバーの設定が完了。
ネームサーバーが浸透するまでしばらく待ちます。

こちらのサイトで、浸透したかをチェックできます。
https://www.whatsmydns.net/
フォームに、ドメインを入力して、NSを選択してSearch。

onamae_5

大体浸透してたら大丈夫です!

DNSレコード取得ツールでMX,SPFレコードを取得

浸透したら、ドメインのDNSレコードを調べます。

http://webadmin.jp/tooldns/

ドメインを入力して「取得」。

表示されるMXとTXTの欄をメモしておく。

MX: ****.gmoserver.jp
TXT: spf**.gmoserver.jpが含まれているもの

onamae_6

使いたいドメインにMX,SPFレコードを設定

ここから、メールアドレスとして使いたいドメインの操作になります。(先程のドメインでも問題ないと思います。)

使いたいドメインの、ネームサーバーをCloudflareなどの外部ネームサーバーに設定してください。
私は、Cloudflareを使っているのでそちらの画面で説明していきます。

外部ネームサーバーに設定が完了したら、DNSの設定ページからMXとTXTを追加します。

Type: MX
Name: 使いたいドメイン名
Mail server: ****.gmoserver.jp(さきほどメモしたもの)

Type: TXT
Name: 使いたいドメイン名
Content: v=spf1 include:****.gmoserver.jp ~all(さきほどメモしたもの)

onamae_8

これで設定完了となります。

onamae_7

お名前メールに使いたいドメインを追加する

ドメインが1つだけのときは、この手順はスキップ。

お名前メールのページから「ドメインを追加」をクリック。

onamae_9

対象の追加方法を選択。
自分は、「お名前.comで契約済みのドメイン」を選択。

onamae_10

1.ドメイン選択で対象のドメインを選択。
2.ネームサーバーを変更するは、「変更しない」を選択。

onamae_11

請求が0であることを確認。

onamae_12

これでお名前メールにドメインの追加完了。

メールアドレスの作成

最後に、使いたいドメインのメールアドレスを発行します。
ここからは通常のお名前メールの設定と変わりません。

お名前.comの管理画面からお名前メールのコントロールパネルにログイン。

onamae_13

メール設定の「メールアカウント」を選択。

onamae-14

作成したいメールアドレスのドメインの選択とアドレス名の入力をして、「新規作成」。

onamae-15

これで作成完了です。
最後に表示されたメールアドレス/パスワードと、サーバー設定の「サーバー情報」からSMTPサーバーとPOPサーバーのURLが取得できるので、メールクライアントに設定すれば送受信できるようになります!

onamae-17

onamae-18

私は、色々試行錯誤した結果、この方法でできました。
ドメインは2つ使ったのですが、理論上は1つのドメインでもできる気がします。

そしてさらに気がついたのですが、コンパネにあるサーバー情報に、stmp[数字]@gmoserver.jpとありますが、この数字とMX,TXTレコードに記入する数字の部分が同じであることに気づきました。

MX: mx[数字].gmoserver.jp
TXT: v=spf1 include:spf[数字].gmoserver.jp ~all

もしかしたら、こんなに長い手順を踏まなくとも、数字を確認してネームサーバーのDNSレコードを追加するだけでできるかもしれません!
誰か試して欲しいです!

個人開発者にお名前メールを薦めたい

最後に、なんでこんなにもお名前メールに執着したかというと、格安でマルチドメイン対応のメール専用サーバーだったからです。

月額77円です!

以前は、さくらサーバーのさくらのメールボックスを使っていました。こちらは価格には満足していました。
ですが、、マルチドメインに対応という表記に罠があって

同じメールアカウント名で異なるドメイン毎のメールアドレスの運用は利用できません。
(例:「info@◯◯◯.com」と「info@△△△.net」の場合、同じ「info」のメールボックスに配信されます)

さくらのメールボックスでは、確かに複数のドメインを設定できますが、@の前が同じメール扱いされてしまうのです。つまりドメイン毎に分けた運用はできません。(これでマルチドメイン対応とか言っていいのか・・・?)

他のメール専用サーバーは、少し高かったり、マルチドメイン非対応だったりで、お名前メールかムームーメールくらいしか条件を満たすものがありませんでした。

月契約もできるし、年契約にしたらムームーメールより安くなる、お名前メールを選びました。

結果、月額77円で20個のドメインを運用できる満足いくメールサーバーを手に入れました!

とみー
フリーランス ← フルスタックエンジニア ← Webデザイナー。2018年、長野県に移住しフルリモートで様々サービス開発に携わるフロントエンジニアとして活動中。開発で得た知見を発信していきます。